サラリーマンであることに危険を感じ国家資格を取り始めた同期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同期が資格を取り始めたきっかけ

半年くらい前に会社の社員食堂でご飯を食べていたとき、同期のK君がこんなことを言っていました。

 

「この前、仕事の方針で上司と言い争いになったのだけど、所詮サラリーマンなんて上司の裁量や評価次第で昇進も左遷もリストラも決まってしまう。いつまでもそんな世界に身を委ねるのは危険だから、俺は自己防衛のために色々と国家資格を勉強しているんだ!」 と言っていました。

 

昇進も左遷もリストラも上司の裁量や評価次第ということには、激しく同意いたします。

 

サラリーマンは雇用がある程度補償されており収入が安定している反面、上司や会社が決めた命令は基本的に従う必要がありますので、自分の身を他者に預けているという不安定さも兼ね備えた立場でもあります。

 

会社で働いている限りはお金が入ってくるので、生活苦でご飯が食べられずに死んでしまうということはないでしょうが、会社で働いている間は奴隷のような存在ですので生きている心地がしたものではありません。

 

まさに生かさず殺さずといった状態です。

 

そしてもし会社自体の経営が危うくなったら、お荷物社員は容赦なく切り捨てられていきます。

運よくかろうじて会社にぶら下がれたとしても、給与カットや配置転換の波に巻き込まれてしまうかもしれません。

 

K君はそういう現実に気づいてしまったのです。

 

スポンサーリンク

会社に依存すること自体が危険だと自覚し、具体的に行動をしていることが素晴らしい

自分の身を守るためには、会社に必要とされる優秀な社員になるか、会社に頼らず稼ぐ力を身につけるかしかなく、そのためにはそれ相応の努力する必要があります。

 

K君が一生懸命になって国家資格を勉強しているのは、後者のためだと思います。

 

自分より優秀な人なんて腐るほど世の中にはいますからね。後者という選択はなかなか正しい選択であると思っています。

 

会社に依存することは危険だと気づいている人はそれなりにいると思いますが、ではそれを解決するためにどうすれば良いのかと考えている人は少ないですし、さらに具体的に行動まで起こしている人はもっと少ないでしょう。

 

そういう意味でも行動を起こしているK君はとても素晴らしいと思います。

 

ただそういうことを他人に安易にぺらぺらしゃべってしまうのはいかがなものかと思います。

 

噂はすぐに拡散しますので、もしかしたら上司の耳に入ってしまうかもしれません。誰にも言わずこっそり対策しておいたほうが良いと思いました。

 

このことを私が会社で拡散するつもりはありませんけどね。

 

もしかしたら私にだけ話してくれたのかもしれませんね(^^)

 

私も20代の頃は会社に内緒で国家資格などを勉強していた時期もありました。

 

20代頃の私も、万が一リストラされても将来お金に困らないために、他の会社でも通用する能力を身につけ、どこかの会社で働いてお金を稼いでいけるようになりたいという発想があったんだと思います。

 

しかし現在の私は、自分で働いてお金を稼ぐという方法以外に、お金でお金を稼ぐ方法があるという世の中の仕組みを知ってしまいましたので、資格の取得よりも投資の勉強に多くの時間を費やしています。

スポンサーリンク

労働することだけがお金を稼ぐ唯一の方法ではないことは話さなかった

さすがに私が投資の勉強をしていることを、K君に話をすることはありませんでした。

 

なぜなら労働者と投資家では根本的に眺めている世界が違うため、頭のなかで考えていることも根本的に違うからです。

 

労働者に投資家の発想を説明しても、なかなか理解してもらえないばかりか、ひどければ詐欺師扱いされるかもしれません。

 

あっという間に噂も広まってしまうでしょう。

 

 

ですので、投資の話を私のほうから切り出すことはしませんでした。

 

もしK君が投資の世界に気づくことができたら、そのときは投資の話で盛り上がってみたいですね。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


会社に依存したくない人はポチっとよろしくお願いいたします

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ


以下関連記事です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事