自己紹介
スポンサーリンク

30代独身男子のいさもんと申します。

理系の大学院を修了後、

上場企業にてエンジニアとして社畜生活をしている日々です。

 

入社したころはフレシュマンという言葉が似合うくらいイキイキとした新入社員だったと思います。今振り返ると、何をするにも積極的で向上心の高かったなあと思います。が、長年会社に勤めていくうちに、会社の不思議な力学や決してとは言えない人事評価などを聞いたり、ときには経験していくうちに、このままサラリーマンとして一生を終えることに疑問を覚え始めていきました。

 

フレッシュマンだった私もどんどん会社色に染まっていき、次第に波風立てずに穏和に定年まで 勤め上げれば悠々自適な老後が待っているなんてことを考え出すようになりました。しかし 今や60歳を過ぎても定年して会社を辞める人は減り続け、年金がもらえる65歳まで延長して働く人ばかりですし、最近では70歳まで雇用するよう企業に努力義務を課す国の方針なんていう話も聞かれるようになりました。

私たちの時代は、75~80歳まで働くのが当たり前の世の中になるのでしょうか?? そう考えるとこの果てしなく終わりのないレールを死ぬまで走り続けることに抵抗感を持つようになりました。

 

幸い勉強をすることは大好きで、学生の頃は毎日大学の図書館に通っていましたし、社会人になってからも20代の頃は自己啓発,勉強,セミナー,スクールに通って、自分の能力や価値を高めることに喜びを感じておりました。

 

しかし30代になるとこれまでの勉強は何のためにしていたのか、労働力に加えて能力までも会社に搾取され、毎日社畜として生き続けるなんてもう嫌だという自我が芽生えました。

 

もし働かなくても良いだけのお金があれば、このレールから脱線して自由になれるのではないかと。。そんなうまい話は無いと思っていましたが、お金というものにだんだん興味が出てくるようになると、これまでの自分の能力や価値を高めるために使っていた勉強するための時間を、お金の勉強をするため時間にシフトするようになっていきました。

 

そうすると次第に、生きるためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには働く必要があるというサラリーマン的な思考回路から、お金はお金で稼ぐことができるという知識が身に付き始めてきました。そして今は未だ道半ばですが、サラリーマンとして疑問を感じずに生活していれば決して知ることのなかった、お金のお花畑の景色が見え始めてきております。

つまりそれは資本主義の原理原則を理解し始めたということであり、いかにサラリーマン労働者は、経営者,投資家,資本家から搾取されているのかが理解できるようになりました。

 

上(経営者,投資家,資本家)から下(労働者)は良く見渡せて簡単に気づくことができるでしょうが、下から上は何と見通しの悪いことか。だから努力して現状から抜け出そうとしないサラリーマンは搾取されていることも知らないまま、上の世界の住人に一生搾取され続けていくのでしょう。それどころか日々小金を稼いで小金を貯金し満足してしまうのです。上の住人からしてみれば本当に労働者はありがたい存在なのですね。

 

是非私も搾取する立場になってみたい。笑

 

今はまだサラリーマン労働者、社畜として得た給与でなるべく質素に暮らすことで、少しでも多くのお金を投資資金として捻出し、それを元手に複利で資産を大きく育てていきたいと考えています。そしていつか労働者から完全に抜け出した経済的自由を手に入れることが当面の目標となります。

 

私が学んだ知識をこのブログに書き記すことで、少しでも多くの皆さんにお役に立てれば良いと思っております。

 

それと未だ独身ですので、そろそろ結婚というのを真剣に意識し始めています。40~50代になっても独身ならもう一生独身で生きて行こうと思っていますが、まだ30代ですので、後悔はしないようにと結婚相談所に入会して婚活をしております。婚活についても活動内容などを随時ブログを更新できればなと考えております。

 

 

投資で自由を獲得しよう!& 婚活で嫁を獲得しよう!

 

 

クリックしていただけると、これからもたくさん投資/婚活の記事を書く励みになります!
↓↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事