ボーナスは投資資金を増やす絶好の機会
スポンサーリンク

サラリーマンにとっては嬉しい、年2回のボーナスの時期がやってきました。 みなさんはもうすでにボーナスで何を買う予定をされていますか。

 

スポンサーリンク

ボーナスの使い方を見直そう

ボーナスはまとまったお金を手に入れることができるサラリーマンにとっては貴重な機会です。

 

ボーナスであれを買いたい、これを買いたいと計画をしている人も多いと思いますが、お金を増やしたい人が気をつけなければいけないことが2つあります。

 

1つ目はボーナス月に各ローンの支払い額を増額させることです。

 

毎月の返済は抑えてボーナス月はまとめて返済するプランはよくありますが、それではせっかくのボーナスがあっという間に消えてなくなります。

 

そのようなローンを組んでいるならまずは、大変かもしれませんがボーナス月の返済額アップというのをやめて、毎月一定額の返済するように切り替えていくことから始めましょう。

 

2つ目は ボーナスが入ったから何か高額なモノやサービスを購入してしまうということです。

せっかくボーナスが入ったから家電製品を買う、旅行に使う、美味しいご飯を食べに行くなどなど消費したい意欲に駆り立てられてしまいがちです。

 

こういった消費行動自体を 否定するつもりはありませんが、気がつくとあっという間にボーナスが無くなっていたなんていうオチにならないように注意しましょう。

 

また最も注意したいのは、ボーナスが入るから何でも良いから何か消費しないといけないという変な義務感に陥ってしまうことです。

 

これはもはや消費ではなく完全に無駄遣いであり浪費です。強い目的がないのにただお金があるから使ってしまおうという考えだけは絶対にやめましょう。

 

スポンサーリンク

ボーナスを投資資金にする

ボーナスはまとまったお金が入る貴重な機会ですから、できればボーナスはできるだけ多く投資に回したいところです。

 

私はボーナスが入ると8割は投資用の資金として、投資用口座にお金を移しています。

 

そのお金ですぐに何か金融資産を買い付ける訳ではありませんが、良い金融資産というのは突然不意に目の前に期間限定で現れます。

 

だいたい短い期間だけ現れてすぐにどこかに消えてしまいます。だからそれが訪れたときにタイミングを逃さず買えるようにするためお金を投資用口座に貯めているのです。

 

せっかくのチャンスが目の前に来たのに、資金がなくて買えなかったという残念な結果にならないように対策しているわけです。

 

ボーナスの残りの2割は旅行など日々の生活を充実させるためや勉強などの自己投資をするための資金をしています。

 

満額ボーナスを投資に回せるのが理想ですが、その年齢のその時期にやっておいたほうが良いこと、やらなければいけないことというのは存在しますから、そういった出来事や経験をせずにお金のために生きていていくというのも何だか侘しいですので、こういった使い方をするようにしています。

 

お金は色々な使い方があって良いと思いますが、 とにかく無駄遣いである浪費だけはしないように自分の中のルールとしています。あとは愚直に淡々と投資資金を積み重ねていくだけです。

 

そしていつか自分が働かずともお金が私の代わりに働いてくれるそんな仕組みを構築できることが私の夢なのでございます。

 

スポンサーリンク

もしボーナスで何を買うのと他人に聞かれたら

余談ですが、ボーナスの時期になると貰ったボーナスで何を買うのとかいう話題が出ますよね。

 

もし投資家ではない労働者の方々に投資用資金に回しますと正直に言ったらドン引きされてしまいますし、何か悪い人に騙されているんじゃないのかとか、噂が広まってしまうのは確実でしょう。

 

また自己投資のために使いますとか言っちゃうと、興味津々で深掘りしてくる上司もいるでしょうし、それがきっかけで人事移異動に影響を及ぼされるのも嫌ですので、 もし聞かれたら私は、「ボーナスで棒とナスを買います」と言うように心がけています。

 

なかなか面白い親父ギャグなので、年配者には評判が上々なんですよ、これでめんどくさい質問をかわしています。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


ボーナスで棒とナスを買いたいと思った人はプッシュよろぴく!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事