【逆複利】酒・タバコ・ギャンブルはブラックスノーボール
スポンサーリンク

お金を増やすには、お金を金融資産に投じて、時間をかけて複利の力を利用して増やしていくことが王道です。

 

複利はよく雪だるまに例えられます。最初は小さな雪の固まりをちょっと転がしただけでは全然大きくなりませんが、転がし続けるとどんどん大きくなり、やがては、ちょっと転がすだけでも、ものすごく大きな雪の固まりを作ることができます。

 

最初は大変ですが後々簡単に大きな雪だるまを作ることができるようになります。お金を増やすのもこの雪だるまと同じ方法で、最初小さなお金を金融資産に投じてもなかなかお金が増えていきませんが、時間をかけて運用していけばやがて大きなお金に成長します。

 

しかし転がし方を間違えれば逆にお金はどんどん減っていきます。

 

そこで間違った転がし方と正しい転がし方の例を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ホワイトスノーボールとブラックスノーボール

スノーボールとはここでは雪だるまのことを指しますが、複利の力を利用してお金を増やしていくことをホワイトスノーボールと表現することにすれば、反対にどんどんお金が減っていくお金の使い方をブラックスノーボールと表現することにします。

 

ブラックスノーボールとはつまり、お金を投資せずに浪費にお金を使ってしまうことで、どんどんお金が無くなってしまうことです。

 

さらにそれにとどまらず浪費をすれば他にも悪い影響が発生していきます。その代表例が酒、タバコ、ギャンブルです。お酒やタバコは、健康を害してしまうリスクをもっていますし、そして何より多額の税金が課税されています。

 

課税する側の国としては、どんどん税金が入ってきますので、国からしてみれば不労所得みたいなものです。またギャンブルはパチンコ、スロット、競馬、宝くじなどですが、これらは必ず胴元が儲かる仕組みとなっていますし多額の税金が課税されています。

 

つまりお金を搾取されているのと同義です。

 

ブラックスノーボールの誘惑は相当のものです。浪費している間は愉快な気分になれますし、快楽も与えてくれます。そして興奮熱中することもできます。

 

しかしそれらはあなたからお金を奪っていくだけででなく、健康や依存症などのさらに悪い悪循環にハマっていきます。まさに逆複利と言っても良いかもしれません。

 

ブラックスノーボールと深い関わりも持っている人は、早々に縁を断ち切ることが大切です。

 

スポンサーリンク

お金に困っている人ほどブラックスノーボールを育てているという現実

お金がなく困っている人ほど、大酒飲み、ヘビースモーカー、ギャンブル大好きだったりします。

 

お金に困っているのにどうして、これらの習慣を改めようとしないのでしょうか。たぶんそういう人たちにブラックスノーボールを断ち切りホワイトスノーボールを育てるよう助言しても聞く耳を持たないでしょうし、逆ギレされておしまいです。

 

「俺の稼いだ金を何に使おうが俺の勝手だ!」みたいな感じで。

 

一生ブラックスノーボールを育てるために、働き続ける人生を歩むことでしょう。

 

スポンサーリンク

ホワイトスノーボールを育てよう

ブラックスノーボールを育てている人とは反対に、お金持ちの傾向として、(お酒は別かもしれませんが)タバコは吸わないし、ギャンブルもやらない人が多い傾向にありますね。

 

そういう浪費はブラックスノーボールだってことを感覚的に理解しているのだと思います。

 

そしてブラックスノーボールを育てるよりホワイトスノーボールを育てることのほうが、より自分をお金持ちへと導いてくれることを明確に理解しているのです。 だから金融資産へお金を積極的に投じることができるのです。

 

お金はブラックスノーボールにすることもできますし、ホワイトスノーボールにすることもできます。それはお金の所有者が決めることができるのです。

 

あなたはどちらのスノーボールを育てたいですか?

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


ホワイトスノーボールを育てたい人はプッシュよろぴく!!!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事