1日に複数のお見合いを設定して効率的に時間を使う方法
スポンサーリンク

首都圏に住んでいる人はたいてい都内かその近傍でお見合いが設定されます。 都内に住んでいる人は近くて良いですが、都内に住んでいない人はお見合いをするために、交通費と時間をかけて出かけるので1日1回のお見合いをするだけで時間は半日潰れますしお金も交通費もそれなりにかかってくるでしょう。そしてお見合いですのでそれなりに身だしなみを整えるのにも時間を要します。 人によってはお見合いは疲れるので1日1回で十分という人もいますが、私は1日1回だけのお見合い設定と言うのは非常に非効率に感じており、できれば1日に複数回お見合いをこなしたい派です。これまで40人以上とお見合いをしているお見合いのプロが、効率的にお見合いをこなす方法を色々考えてみました。笑

 

スポンサーリンク

1日に複数のお見合いを組むこと自体は可能

1日あたりのお見合い回数は1回というルールは特に無いので、お互いの都合さえ合えば複数回お見合いを設定することができます。

 

もちろん相手の都合もあるので必ずとはいきませんし、そもそもお見合いしてくれる相手がいない場合はお見合いすら設定することができませんけどね。

 

ただ結婚相談所によってはお見合い回数は1日2回までとか3回までとか上限が決まっている場合はあるかもしれません。

スポンサーリンク

効率的にお見合いを組むためには

お見合い申請を1件ずつ申し込むのはやめましょう。

 

どういうことかと言うと申し込みたい相手が複数人いるとして、順位をつけて1件ずつ申し込んでいるとその相手から返事が来るまでは次の相手に申し込みするのを保留にしてしまうのは絶対止めたほうがいいということです。

 

お見合いを申し込んでもすぐに相手が返事をくれるとは限りません。最悪返期限内(申し込んでから最大10日)に返事が無い場合、自動的にNGの返事になってしまいます。

 

それを考えると申し込みたい相手に1人ずつ申し込むのは非常に効率が悪いということになります。気になる人がいる場合は順番に申し込まずに一気に申し込んでしまうのが良いです。一気に申し込んだところで全ての人とお見合いが成立することはまずあり得ません。

 

お見合いが成立する確率は1割未満と言われています。たとえば20人に一気に申し込んでもお見合いが成立する確率は1~2人くらいですので、自分のスケジュールがお見合いだけでパンパンになるということは無いので安心して下さい。

 

お見合いを申し込んで運よく複数人からOKの返事があれば、それぞれの相手からカウンセラー経由でお見合い希望日時場所の連絡が来ますので、それらを見比べます。

 

しかしたとえばある人からOK返事がきた2日後に他の人からOKの返事が来ることもあるので、 ある人からOKの返事がきたからといって、すぐに返事をしないほうが良いです。

 

ただせっかくOKの返事くれたのに何日も回答を保留にするのは失礼にあたりますので、なるべく早めに返信は心掛けたいものです。

 

またこの間に他の人からお見合いを申し込まれてOK返事をするというパターンもあります。 この場合はこちらの日時場所が優先となりますので、こちらの都合を合わせてもらえるようお見合い日時の希望を出すことができます。

スポンサーリンク

お見合い日時を直近にせず数週間後にする

他にお見合い予定が無い場合は、直近(今週末とか来週末)に設定するのではなく もう少し先で設定することをおすすめします。

 

そうすればその間に新たにお見合いが成立する可能性があるので、 最初に予定されていたお見合いの日に、新たに成立したお見合いが組めるか調整してみれば良いのです。

お見合い以外の他の予定と絡ませる

複数お見合いが組めそうになければ、お見合い以外の他の予定と重ねられるか 調整します。

 

たとえば買い物の予定入れるとか友達と遊ぶ予定を入れるとかしてしまえば良いのです。 そうすれば効率的に時間もお金も使うことができます。

 

貴重な休日を効率的に使用する方法を紹介させていただきました。

ご参考になれば幸いです。

 

 

婚活で嫁を獲得しよう!

 

 


私とお見合いしてみたい人プッシュよろぴく!

↓↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事