お見合いをお断りされた相手から数ヶ月後にお見合いの申し込み来た
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お見合い申し込みに対する自分の考え方

私はお見合いしたい女性を探すとき、毎日入会されてくる新規会員を毎日チェックします。

 

しかしすぐにはお見合いの申し込みはせずに、お気に入りに登録することにしています。

 

既にお見合い申し込み済みで女性からの返事待ちの状況だったり、お見合い成立して今後お見合いする方もいらっしゃるため、そういった自分の活動状況も勘案しながら、お気に入りをつけた女性に対しては申し込みする時期をある程度調整しています。

 

また新規入会の会員は、まだ結婚相談所での活動の仕方を熟知していなかったり相手への理想が高すぎてなかなかお見合い成立しなかったりするので、理想と現実の差を認識してもらっった上で現実的な目線で活動できるようになる時期になるまで私はお見合い申し込みを控えることもいたします。

 

しかし男女とも人気の会員はすぐに相手も見つけて交際に入ってしまうので、あまり期間を開けすぎるのも良くないと考えています。

 

なので私はだいたい新規入会してから数週間~1ヶ月くらいあけてからお気に入りにしておいた女性のプロフィールをもう一度確認して、それでも良いと思った女性へお見合い申し込みをするようにしています。

 

スポンサーリンク

見覚えのある女性からお見合いの申し込みが来た

お見合いは申し込みするだけではなく、申し込みされるパターンもあります。

 

申し込まれた場合は、お見合いOKの返事をすればお見合いが成立しますし、好みの女性でなければお見合い申し込みをお断りすることもできます。

 

以前私がお気に入りに入れておいた新規会員の女性に対して、頃合いをみて私からお見合いを申し込んだところ、見事にお見合いお断りの返事を頂いたとある女性がおりました。

 

お見合いが成立する確率は1割以下と言われていますので、申し込んだお見合いをお断りされることは日常茶飯事のとです。

 

ですのでいちいち気にしていても仕方ないし、気にしてもいませんでした。

 

そしてあるとき何だか見覚えのある女性からお見合いの申し込みがあったのです。

 

どこかで見たことある顔だなと考えていたところ、何と数ヶ月前に私がお見合いを申し込んでお断りされた女性からお見合い申し込みだったのです。

 

さて1度お見合いの申し込みを断っておいて、どうして数ヶ月も経ってからわざわざ申し込みをしてきたのでしょうか?

 

あくまでも私の推測となりますが、最初に私が申し込みしてお断りされたときは、その女性が希望する男性への希望条件に対して、私がその条件に達していなかったためにお断りされたと考えるのが自然だなと思いました。

 

入会当初はどうしても、相手に対して希望する条件が高くなってしまうのは仕方のないことだと思います。

 

そして活動をするなかで次第に、その女性が希望する条件に合う男性はほとんどいなくなってしまったのでしょう。

 

そのため希望条件を緩和して活動したところ私が該当し、過去に申し込んでくれた人なので私とならお見合いは成立すると安易に考え、申し込みをしてきたんだなと考えられます。

 

スポンサーリンク

その女性とお見合いはしたのか?

もちろんそのお見合いの申し込みはお断りしましたよ。

 

だって1度はお見合いを断ってきたくせに、自分の婚活がうまくいかないから、条件を緩和してきて仕方なく私とお見合いしようかなと思っている女性となんかお見合いしたいとも思いませんよ。

 

妥協されてお見合いを申し込まれるなんて正直不愉快です。

 

いくら私がなかなか交際に発展しないからと言って、そんな妥協まで交際したり成婚したいとはこれっぽっちも思っていません。

 

妥協して結婚するなら一生独身のほうが気が楽で良いですね。

 

妥協されて申し込みされているかどうかの判断方法とそう思われないための対策

私にお見合い申し込みをしてくれる女性が、妥協して申し込みをしているかどうかは申し込み本人しか分かりませんが、少なくとも今回の場合は妥協して申し込みをしてきた可能性が高いと推測することが可能でした。

 

またそれ以外にも入会してから半年や1年経っている会員も、なかなか成婚に至らないので入会当初よりも希望条件を妥協して婚活している可能性が十分にあると言えるでしょう。

 

残念ながら会員の入会年月日は分からないようになっていますが、異性を検索するときに入会順にソートして検索することはできますので、検索結果が下位で表示される会員は、入会から半年や1年くらい経っているものと推測することができます。

 

また相手の入会年月を推測することができるということは、反対に自分の入会年月も推測されてしまう可能性があるということにもなります。

 

ですがなるべくそう思われないための対策というのも、ちろん存在します。

 

一番簡単な対策はスナップ写真ですね。

 

自分のアカウントへ自分で撮ったスナップ写真を掲載することができるのですが、たとえば現在が夏の時期なのに冬とか秋っぽい季節が分かる写真を掲載している会員がいるとしたら、それは入会してからそれなりの年月が経っているものと推測されてしまいかねないです。

 

私は季節が分かるような写真も載せていますが、その季節が過ぎ去ったら、アカウントからその写真を削除することで、入会年月が半年前とか1年前の会員だと思われないような工夫をしています。

 

また入会してから年月が経ってしまい、検索ソートが下位になってしまうのは防ぎようのない事実なのですが、これも裏技を使うことにより上位へ表示させることも可能です。

 

普通の人は知らない特別な裏技です。笑

 

 

実は婚活とは、水面下での努力や駆け引きがとても多い活動なのです。笑

 

婚活の大変な日々が続きますが、諦めずに頑張り活動し続けることができた人だけが、成婚という切符を手に入れることができると信じています。

 

私もその切符を手に入れるために日々努力している日々でございます。

 

 

婚活で嫁を獲得しよう!

 

 


妥協して結婚するなら独身のほうが良いと思う人はポチっとお願いします!

↓↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

以下関連記事です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事