女性が男性へ希望する年収は現実と比較して最大400万円の乖離がある
スポンサーリンク

結婚において男性の年収はとても重要です。女性からみれば、結婚条件の上位に上がるといっても過言ではないくらい女性は男性の年収を重視しています。しかし実際の男性の年収と女性が希望する男性への年収は、200~400万円ほど乖離しているのが現実です。

 

スポンサーリンク

年収の高い男性は女性から人気がある

婚活において年収の高い男性は女性からとても人気があります。結婚して家庭を築いていく以上、どうしても女性は出産や育児によって、自分が働きたいと望んでいても働く期間をセーブせざるおえない期間というのは存在します。

 

そんなときでも生活を成り立たせていくには、配偶者である男性の収入を当てにすることは理解できるところであります。

 

しかし世の中の女性が希望している男性への希望年収と、世の中の男性が稼いでいる年収の差には大きな乖離があります。

 

日本人男性の平均年収は種々の調査がありますが、概ね、

 

20代 : 300~400万円
30代 : 400~500万円
40代 : 500~600万円

 

くらいと言われています。

 

結婚適齢期である20~30代の男性平均年収は300~500万円くらいが平均ということになります。

 

それに対して婚活総研の調査によると、結婚相談所での婚活における成婚率は男性の年収が500万円を越えると大幅に増加し、もっとも成婚率が高くなるのは、600~700万円のようです。

 

出典:婚活総研ホームページ

 

つまり女性の理想と男性の現実の間には、金額にして約200~400万程度の解離があるということになります。

 

男性はこの200~400万円の差を埋める努力をすれば成婚率は高まりますし、女性はもっと現実を見つめ妥協すれば成婚できる可能性が高くなると言えます。

 

スポンサーリンク

理想と現実の差を埋める努力と妥協が必要

男性であれば年収200~400万円を増やす努力となりますが、来年から一気に年収が200~400万円増えるという、そんな昇進方法は日本型企業では存在しないでしょう。

 

どんなに頑張っても年収が数万~数十万円増えるくらいです。無理をして残業をいっぱいするという方法もありますが、200~400万円増やすために残業を何時間増やせばいいんでしょうか。

 

とても現実的な方法とはいえません。過労死レベルを遥かに越えてしまいます。

 

そうなると考えられるのは、転職して年収アップを狙うか副業をしたりすることです。

 

しかし転職することで年収が増えたという話はあまり聞きません。よほどその人に能力があり、その能力に対して現在の会社ではふさわしくない報酬を受けている場合くらいに限られるでしょう。

 

副業は会社で副業を禁止している会社も多いですので、自社の副業規定に抵触しないような副業をするということを考える必要があります。

 

副業として他の会社に雇われて収入を得るいわゆる労働副業により年収を増やすのが手っ取り早いですが、労働による副業を禁止している会社は多いので注意が必要ですし、本業でも働いて副業でも働くとなるとあなたの大切な時間が奪われていきます。

 

働き過ぎで健康を害するというリスクもあるので、よく考えるべきです。

 

労働を伴わないいわゆる不労副業は、労働するわけではなく、資産運用などでお金を稼ぐことです。

 

労働副業はともかくとして不労副業まで禁止している会社は格段に減ると思います。

 

しかし女性が不労副業を高評価してくれるとは限らないことに注意が必要です。

 

本業以外に資産運用していますと言うと、結構引いてしまう女性もおります。

 

というより男女共ですが、お金は働いてのみ稼ぐことができる思っている人に資産運用の話をしてしまうと、一瞬でドン引きさせてしまいますので要注意です。

 

一方で本業とは別に副業をしていたり資産運用をしている女性も存在します。結婚相談所においても少数ですがプロフィール欄を読むと、副業や資産運用をしていると記入してある女性もいらっしゃいます。

 

そういった方なら、お金に対するマネーリテラシーが高いですので、むしろ高評価してくれると思います。

 

女性はもう少し理想と現実の差を見直して、希望年収をもう少し下げて妥協したり、あるいは結婚後も働いて、夫婦世帯年収としてカウントすれば必希望する年収に近づくと思います。

 

男女ともそれぞれ努力と妥協が必要だと思います。

 

 

婚活で嫁を獲得しよう!

 

 


希望と現実の差に落胆してしまった人はポチっとお願いします!

↓↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

 

 

以下関連記事です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事