お金と時間がもったいないので職場の飲み会には行きません
スポンサーリンク

サラリーマン社畜として生活していると、定期的に行われる無益な飲み会あります。

 

暑気払い、忘年会、歓迎会、送別会、人生相談会・・・。

 

数時間拘束される上に、5,000円程度の費用はかかるし、上司と有益な会話ができるわけではないし、本当に金銭的にも時間的にも無益な時間なんですよね。

 

別に嫌いな上司がいるわけでもありませんが、お金と時間をかけていく価値があるか自問自答したとき、参加不要という結論になってしまうんですよね。

 

ですので、ここ数年職場の飲み会はほとんどお断りしているストイックさを発揮しております。

 

スポンサーリンク

職場の飲み会に行きたくない理由

昔は部内で親睦会と称して、毎月1,000円程度徴収され、それを飲み会やその他の行事に補助金として使っていたのですが、時代の流れからか親睦会がなくなり、飲み会は毎回実費を支払う必要があるので、飲み会に参加すると5,000円くらいかかってしまうので、もったいないなという気持ちが出てしまいます。

 

それと私は普段お酒は飲まないのですが、職場の方は飲兵衛が多いので、割高にお金を支払いをさせられている感がありました。

 

なので、お金の観点から言うと無駄なお金の使い方感がハンパないんですよね。

 

そして飲み会に参加しても、ただのワイワイ騒ぐだけか仕事の話になるだけで、そんな話をしても自分にとっては有益なことって何一つないと感じています。

 

参加すれば数時間程度時間を拘束されますし、そのあと自然に2次会に行く流れになってしまいますので、さらにお金も時間も無駄にしている気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク

職場の飲み会に参加するのをやめた結果

年に数回は実施される職場の飲み会をほぼすべてお断りすることによって、年間にすれば数万円が手元に残せるわけです。

 

仮に5万円として、この5万円を運用で稼ぐとしたらいったい元金はいくら必要なんだろうと考えると、利回り5%だと100万円の元手が必要になります。

 

この100万円の元手を準備して運用しなくても、飲み会の参加を断るだけで同等のお金をゲットできると考えると、いつも顔がニコニコしてしまいます。

 

100万円を準備するのはとても大変ですからね。

 

スポンサーリンク

飲み会が嫌いなわけではない

飲み会自体が嫌いというわけではありません。お酒は基本的に飲みませんが、くだらない話をするのも好きですし、ご飯を食べるのも好きです。

 

ですので友人や投資仲間との飲み会は、お金を気にせず喜んで参加いたします。

 

そういうお金と時間の使い方は大切にしているつもりです。

 

要はお金と時間をどのように使えば自分にとって、有益な使い方ができるかで判断をしているので、その結果会社の飲み会は行くに値しないという結論に達したので、ここ数年はほとんど会社の飲み会にはほとんど参加していないだけのことです。

 

職場ではすっかりそういうキャラが定着してしまいましたが、気にせずに自分の信じる道を進んでいくのみです。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


会社の飲み会に行きたくないという人はポチっとお願いします!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事