30代はメタボが気になり始めるが対策しないと将来大変なことになる
スポンサーリンク

10代20代前半くらいまでは特に体重のことを意識していませんでしたが、30代を過ぎると代謝が落ちてくるのかどんどん体重が増えてお腹も出てくるようになりました。きっとこれ放置したらあっという間に100kg超の超戦士の誕生です。体重増加を食い止めるには食事を制限するか運動するかしかありません。両方やれば体重は減っていきますが、私は運動で体重を減らすことを選択しました。

 

スポンサーリンク

体重が増えていくのは私だけではない

学生時代は私を含めて周りの友人もみんなスマートな体型でした。しかし30歳を過ぎるころになると当時の面影がなくなってしまっている人が大半です。
ひどい人は学生時代の頃は体重が60kgくらいだったのに、現在は100kg近くになってしまった人もいます。

 

彼らの生態系をよく観察するとだいたい、運動はしないけど、お酒が好きだったりたくさん食べたりするのが好きだったりという特徴があります。ただでさえ代謝が落ちているのにそんな生活をしていたら、そりゃ太りますよ。

 

私は社会人になってから運動する機会も無くなり、そしてラーメンが大好きなので、体重のことは気にせず食べていたら、いつの間にか体重が10kgくらい増えてしまいました。お腹なんておやじそのものですよ。 20代の頃は健康診断でもやせ型だったのが、30代になると標準体型の上限ギリギリくらいまで変化してしまい、あとちょっとでメタボの仲間入りとうところまで来てしまいました。

 

 

さすがにこれは自分でもドン引きでしたね。当時の面影はまったく残っていません。

 

スポンサーリンク

ダイエットを始めようと決意

さすがに自分でこの体型がどうしても許せなくなってきて、ダイエットをすることを決意しました。 炭水化物の塊であるラーメンを食事制限すれば効果はありそうですが、ラーメンは食べたいです。

 

ですので運動をすることによってダイエットをするという方針にしました。痩せるためには有酸素運動が欠かせないのですが、そうなるとすぐに思いつくのはジムに通ってランニングマシーンやエアロバイクをしようかくらいでした。

 

しかし実は既にダイエットをしようと決意した2年くらい前から、このままではいけないと思い定期的にランニングはしていたんですよ。 でも痩せない・・・。

 

もっと詳しく有酸素運動のことについて調べてみると、まず有酸素運動を効率良く行うためには、運動を開始し始めてから20分後くらいしないと有酸素運動に切り替わらないみたいです。ランニングで1時間も2時間も走り続けるってって結構しんどいんですよ。いつもランニングをするときは30分くらいで終了してしまっていました。つまり有酸素運動が始まってまもなく、ランニングをやめてしまっているので、ほどんど脂肪燃焼に効果は無いということになります。だからランニングをしていても体重が増える一方だったのですね。

 

まじめにダイエットに取り組もうと色々考えましたが、ジムに通うとなると毎月の月謝がかかりますし、わざわざお金を出してランニングマシーンに乗って走ったり、エアロバイクでペダルを漕いだりするのはちょっとバカらしいと思い、ジム通いは却下しました。

 

そこで最終的にどうしたかと言うと、自転車を購入して運動をすることにしました。

 

スポンサーリンク

自転車でのダイエット効果は最強

自転車であれば、30分くらい乗っても疲れるということはないので、1~2時間くらいは平気で乗れるかなと思ったのと、近場の買い物に行くときの交通手段になると考えたからです。

 

結果的にこれが大成功で、週末に1回あたり2時間くらい乗るように心がけたところ、半年間で6~7kgくらい体重を落とすことに成功しました。

 

ただ自転車に乗るだけではなく、ダイエットに効果のある自転車の漕ぎ方があり、それを心がけるようにしていました。ペダルの回転数のことをケイデンスと言いますが、このケイデンスが1分あたり90回転くらいがが最も有酸素運動に効果があるみたいです。 自転車はクロスバイクに乗っていますが、ケイデンス90回転というのはそんなにハイスピードではなく、自転車初心者でも1~2時間くらい継続して漕ぎ続けることができるスピードです。

 

ちなみにもっとケイデンスを上げて100回を越えるようになってくると今度は有酸素運動から無酸素運動にうに切り替わるそうです。 無酸素運動は主に、筋肉を鍛えるためのトレーニングとして行われるので、ダイエットとはあまり関係がなくなってしまうようです。それにケイデンスが100回を超えてくると初心者ではすぐに息が上がってしまい、継続して長時間自転車を漕ぐことができなくなってしまいます。

 

ママチャリでケイデンス90回転を出そうとするとちょっと厳しいかもしれませんが、クロスバイクやロードバイクであれば以外と簡単です。

 

そしてどのようにしてケイデンスを計れば良いのかですが、これはサイクルコンピューターという便利な装置が販売されています。 ペダルにマグネットタイプのセンサーを結束バンドで取付け、それを受信するセンサーをフロントフォークボディにも結束バンドで取付けます。これでペダルを漕ぐときのケイデンスが測定できるようになります。あとはその測定結果を表示するディスプレイをハンドル部に取付ければ完成です。取付けに特別な工具は不要なので、誰でも簡単に取付けできてしまいますし、不安であれば自転車屋で取付けてもらうこともできます。

 

価格はピンキリですが、数千円から数万円くらいでしょうか。高いものになると、ケイデンス以外にも時速や心拍数の計測、スマホと同期して記録を取ることが可能といった機能を備えているものもあります。 スマホと同期できれば継続的に自転車に乗る動機付けにもなって良いと思います。

 

まとめ

本気でダイエットを始めるなら自転車はとてもおすすめです。クロスバイクだとお値段は高いですが、安いものだと5万円くらいからあるので、ジムに半年も通えばもとがとれてしまうレベルですし、これで体重が減らせることを考えれば決して高くない自己投資だと思います。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


メタボが気になるならプッシュプッシュ!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事