定年前にリタイアすることは悪なのか
スポンサーリンク

日本では定年まで働くのは当たり前で、定年後も延長雇用して働く流れが定着しているような気がします。場合によってはお金が足りなく年金支給後も働いている人も少なくはないと思います。しかし反対に定年前にセミリタイア/アーリーリタイアする人はリアルの世界ではなかなかお見かけしませんし、万が一、定年前にリタイアをすると世間から白い目で見られそうです。セミセミリタイア/アーリーリタイアってそんなに悪いことなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

すでにリタイアしている人に対する世間の風当たりは冷たい

会社に行きたくない、働きたくないと思っている人は多いと思いますが、思っていても心の中に留めているかお酒の席で愚痴を言うくらいです。それを実行に移す人はほとんどおりません。理由は簡単で働かないとお金が手に入らず、生活できなくなるからです。

 

本当につらいなら会社を辞めてフリーランスになったり、あるいはしばらく働かない期間があっても良いと思います。

 

会社に勤めるだけがお金を稼ぐ唯一の手段ではありませんし、働かなくてもお金を稼ぐことはできます。

 

色んなお金の稼ぎ方があって良いと思います。

 

会社で働かない選択肢をして定年早々にリタイアするのだってお金に困っていなければ全然問題無いと思います。

 

それなのに歯を食いしばって一生懸命労働している人たちから言わせると、定年前にリタイアしている勇者達に対して、社会不適合者だとか人間として認めないとかそういう対応をとるのです。

 

なんとまぁ視野の狭い発言かと存じます。

 

しかし現実は厳しいもので、世の中からの風当たりは冷たいです。。銀行は定職に就いていない人にはお金を貸しませんし、近所では浮浪者としてきっと噂になるでしょう。

 

スポンサーリンク

リタイアした人のライフスタイルは実に様々だけどみんなリア充だと思う

セミリタイア/アーリーリタイアできている方々は、残りの人生今生きていくのに必要なお金の目処がついているからリタイアしているんだと思います。リタイア後の生活スタイルは人によって違うので、必要な金額も違いますが、労働から解放された状態になるってどんな気分なのでしょうか。 どんなステージなのでしょうか。 何のしがらみもない完全にフリーダムな状態です。考えるだけでわくわくしませんか。

 

たくさん旅行するのも良し、田舎へ移住するのも良し、Bライフ生活するのも良し、趣味に没頭するのも良し、社会貢献活動をするのも良し、何をするのも自由なのです。

 

私だったら山奥に引っ越して、朝は小鳥のさえずりで目を覚まし、時間をかけてゆっくり朝食をとり、日中は趣味に時間を使ったり、投資のことを考えたり、夜は焚き火をして火を眺めながらゆっくりと物思いに更けてみたりしたいですね。

 

ああ~なんて素晴らしき人生かな。 みなさんはどんな自由な生活をしてみたいですか。

セミリタイア/アーリーリタイアは悪ではありませんよ!

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


リタイアは正義だと思う人はプッシュプッシュ!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事