投資するタイミングが成功のカギを握る
スポンサーリンク

投資をするとき、良いもの悪いものを見極められる目は非常に大切です。しかしそれと同時に購入するタイミングも非常に重要です。どんなに良いものであっても、購入するタイミングを間違えるとリターンは黒字どころか赤字になり損をして泣く泣く手放すことになってしまいます。

スポンサーリンク

株式の買うタイミング

株式を購入する場合、有価証券報告書、決算短信や会社四季報などで今後成長や収益が期待できる銘柄を見つけたとします。

 

しかしそういった銘柄を見つけたら即買いかと言えば回答はノーです。
投資家はその値付けされた価格に対して価値があるかを判断する力が求められます。

 

その銘柄のPERが100倍だったとしましょう。

 

PER=時価総額÷純利益

   =株価÷一株益

 

時価総額に対して純利益を割り算しているので、その会社が1年間で稼ぐお金の金額を100年間毎年変わらず同じ金額稼ぎ続けた場合、その会社の時価総額と同じになります。

 

PERは業界によっても平均が異なりますが、日本株式の場合全業界平均は約15倍と言われています。

 

つまりその企業が1年間に稼ぐお金の15倍の価格が値付けされているのが平均ということです。

 

それと比較すると100倍というのは、明らかにPERが高いことが分かります。

 

そういった状態の株式というのはたいてい、ものすごく稼ぐ力があったり、何か革新的な技術を今後発表するのではないかと期待されていたり、一時的にニュースで話題になったりと多くの投資家がその会社に注目をしており、その株式を是非購入したいと思っている投資家が多いため、株価が高くなってる状態なのです。

 

時価総額(株価)を価格、純利益(一株益)を価値と言い換え、 PER15倍のときに価格と価値が釣り合っている状態と考えた場合、

 

価格=価値

 

ということになりますが、

 

これがPER100倍のときというのは明らかに価値に対して価格が高くなっているので、

 

価格>価値

 

という状態になっているので、いわゆる割高だと判断します。いくら良い株式であったとしてもこういった割高な状態で株式を購入するのはあまり懸命な判断とは言えません。

 

もちろん株式を購入するときの判断材料はPERだけではありませんが、このように価格と価値を考えて価値のほうが高い状態、

 

価格<価値

 

いわゆる割安だと判断できるときに初めて購入を検討するに値するのです。

 

もし良い銘柄なんだけど今は割高な場合株価が安くなったら購入すれば良いので、継続的にその銘柄をウォッチし続ければ良いのです。

 

しかし良い銘柄でPERが安いからと言って、今が買いと判断するのも早計なことがあります。

 

たとえばリーマンショックのような世界の全体の相場が暴落しているような状況では、各個別銘柄もそれに引きずられて暴落していくことがよくありました。

 

良い銘柄だったとしても例外ではありません。そういった全体相場が暴落しているさなかで株式を購入するのもリスクを伴います。

 

買ったあとさらに株価が下がり続ける可能性が十分あり得るからです。 そういうときは買いたい気持ちを押さえて、株価が底を打って上昇トレンドになったら少しずつ買い集めていくのが良いかと思います。

 

スポンサーリンク

不動産の買うタイミング

不動産の場合も景気によって不動産価格というのは上げ下げたりはします。

 

しかし不動産は景気の良いときにも悪いときにもお買い得な物件は潜んでいるのです。 それは不動産売り主の個々事情というのは、景気とは関係無いことも多々あるからです。

 

たとえば景気の良い時期だったけど、自身で立ち上げた会社の経営がうまくいかずお金が必要な状態である、子供たちが大きくなり進学のために多額のお金が必要になった、今の家を売却してそのお金で地方移住したい、身寄りがないので老人ホームに入居するための原資にしたい、 などなど個々が抱えている問題というのは様々で景気の良い悪いを問わず、そういった出来事はどこかで発生し続けているのです。

 

そういった方々は早々にまとまったお金が必要だから、多少安くても良いので不動産を売って現金化したいと考えます。なのでさらに売主の物件はさらに交渉によって大幅に値段を下げることも可能ですので、それが買いのタイミングとなります。

 

そして安く仕入れた物件に、リフォームを施し、高い家賃で誰かに入居してもらえば、高い利回りを実現することができます。これはできれば不動産投資として物件を購入したことは成功であると言えます。

 

スポンサーリンク

買い場に現金がなければ何も買えない

株式にしろ不動産にしろ購入するには現金が必要です。不動産の場合はローンを組むことも可能ですが、頭金や仲介手数料などの諸費用を支払うためにも現金は必要です。

 

なのに絶好の買い場に資金が足りず、指を咥えてチャンスを見逃すなんてことがないようにしたいものです。

私の場合は毎月、個人型確定拠出年金(iDeCo)、つみたてNISA、その他投資信託を証券口座で毎月自動的に買い付けを行っていますが、それに加えて投資用途に使える現金を投資用の銀行口座に積立を行っています。

もし絶好の買いはが訪れたとき、いつでもこの資金を使えるようにしています。

 

いずれ訪れるそのときを虎視眈々と待ち続ける忍耐強さが、成功する投資家に求められる資質の1つと言ってもいいでしょう。

 

ちょっと調べただけで、良さそうだからすぐに飛びついちゃうようでは、まだまだ半人前 の投資家です。

 

良いものを見極められる力とそれを購入するタイミングを習得することが成功のカギです。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


いつもタイミングが悪い人はプッシュよろぴく!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事