年金だけに頼らず人生100年時代を生き抜くためには投資の勉強が必須
スポンサーリンク

最近、人生100年時代という言葉をよく聞くようになりました。 本当に今後100年生きるのが当たり前の世の中になってくるとしたら、やっぱりお金のことが心配です。

 

老後は年金だけだと2,000万円不足すると世間では騒がれていますが、たしかに年金だけに頼らず若いときからちゃんと将来のことを考えて自己防衛していかないといけません。

 

スポンサーリンク

平均寿命は上がり続けている

人間の平均寿命は上がり続けています。 縄文時代は約30歳、江戸時代は約50歳と言われていました。

 

それが現代の先進国では平均80代まで延びています。それはひとえに衛生環境の向上や医療の発達が大きいところです。

 

昔は子供は七つまでは神の子なんて言われていたくらい、医療が発達していなかった頃の子供の死亡率は現代と比べれば高かったですから、それが寿命の平均年齢を押し下げていたというのは容易に理解するところです。

 

スポンサーリンク

昔の人は一生働くのが当たり前

昔々は働かないと食べ物が得られず生きていけない時代でしたから、ほとんどに人にとって定年という概念なんて無く、生きるために一生働き続けるという感じでしたが、社会が成熟し制度が充実するにつれて、定年や余生という言葉が出てくるようになりました。

 

ある意味一生働き続けなくても、一定の勤労をした人は年金で老後の生活を支えますよ的なシステムになっているんですね。

 

それでも年金だけで生活するというのは大変だと思いますが。

 

スポンサーリンク

年金だけでは老後は生活できそうもないのはちょっと考えればすぐに分かる

定年前まで働いていたときのサラリーマンとしてもらっていた給与と比較して、支給される年金のほうが金額が少ないいのは、誰もが理解していると思います。

 

国民年金だけだと20~60歳まで40年間満額掛けていても年金がもらえるの65歳になってから月々約6.5万円くらいです。

 

1ヶ月約6.5万円で生活するのは、ほとんどの人にとって無理がありますよね。生活保護の半分の水準です。

 

サラリーマンの方は厚生年金が上乗せされ、フリーランスの方は別途国民年金基金や付加年金などに入って上乗せを積み立てておくことができますが、愚直に20~60歳まで40年間支払ったとしても約20万円/月くらいだと言われています。この金額だけだと多くの方は、年金だけではお金に不足が生じると言われています。

 

老後に不安の無いレベルの生活ができる分の年金を支払わないのは政府が悪いとか、老後に不足する2,000万円を保障しろとか、年金の仕組みはすでに崩壊しただとか大騒ぎしている人もいますが、老後生活をすべて政府に頼ることを前提としている浅薄な考えは持っている人が大騒ぎているに過ぎません。

 

そもそも年金だけでは到底生活できそうにもないことをなど少し調べれば簡単に気づくことができるわけですから、それに気づいて若いときから対策をしている聡明な人は、そんなことで今さら騒いだりしないでしょう。

 

老後働かなくても良いようにするための対策とは

これに対する答えは2つです。 老後生活に困らない程度の貯蓄を積み重ねておくか、老後も一定の収入が自動的に入ってくる仕組みを作っておくかです。

 

多くの人は貯蓄で老後生活を賄おうとしますが、貯蓄は使い続ければいずれ底をついてしまいます。

 

それに対して収入が自動的に入ってくる仕組みというのは、つまり投資でインカムゲインを構築するということです。

 

投資に対しては聞くだけで拒絶反応を示す人が多いですが、その考えを改めしっかり投資の勉強しないと、いつまで経ってもお金の不安から抜け出すことはできず、老後も働き続けないといけなかったり生活保護に陥るといった末路が待っています。

 

投資は怖いだとか詐欺だとかいうことを良く耳にします。しかし投資というのは詐欺ではありません。

 

確かにお金を持っている人に対してお金を奪う目的で投資話を持ちかけ詐欺をしようとする輩はいますし、そういう人たちに騙されてしまったという情報も耳にします。

 

これが投資=詐欺だと世間を思い込ませてしまっているのですが、投資の本質を勉強すれば、投資≠詐欺ではないことが理解できるはずです。

 

投資とはお金を投じることでリターンを得る行為であり、言い換えればお金でお金を稼ぐことができる行為なのです。

 

そして投資は資本主義で生きている我々に与えられた権利なのです。

 

権利は行使するも行使しないもあなたの自由ですが、投資は怖いとか詐欺だとか勝手に思い込んで、この権利を使わないのは愚の骨頂としか言いようがありません。

 

投資には色々な種類や商品がありますが、いきなり全力で投資をするのは怖いならば、 一番無難なのは投資信託でまともな商品をドル/コスト平均法で毎月同じ金額を買い付けるのが正解と言えます。

 

もう少しリスクを取ってリターンを目指したければ、個別株式や不動産といった方法もあるでしょう。

 

どれを行うにしてもそれ相応の勉強は必須です。

 

しっかり勉強すれば、老後までに2,000万円お金を作ることは全然難しいことではありません。

 

投資で不安の無い老後生活を送れるよう、今から準備をしていきましょう。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


人生100年生きるために投資の勉強は必須だと思う人はプッシュよろぴく!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事