お金のパラダイムシフトを起こすと合法的にお金を手に入れることができる
スポンサーリンク

お金を稼ぐという方法は、働くことが唯一だと思っている人が多いと思いますが、それは小さい頃から親からも学校からも働くことが当たり前という固定概念を、無意識のうちに植えつけられてきたことに他なりません。

 

なのでその考え自体が間違っているというを、考えようとしたこともないのでしょう。

 

しかし働かなくてもお金を稼ぐことができる人というのは、たしかに世の中に存在しています。

 

一部の大金持ちなどの資産家以外に、かつてただのサラリーマンだった人も含まれます。

 

そういう人たちは自らのお金に対するパラダイムシフトを起こした結果、働かなくても合法的にお金を稼ぐことができるという方法を理解した人たちなのです。

 

スポンサーリンク

パラダイムシフトとは

パラダイムシフトとは、その時代などにおいて当然として考えられていた認識や思想、社会通念など(=パラダイム)が劇的に変化(=シフト)することを言います。

 

たとえば、現在では地球は太陽の周りを公転しているのは小学生でも知っていますが、数百年くらい前までは宇宙の中心は地球であり、その周りを太陽が周っているといういわゆる天動説が長らく信じられてきました。

 

他の例では、人間は生物が進化した結果現在に至るわけですが、近代史以前では人間は神が創造したとか、人間の祖先は神が天から地上に降りてきたのが始まりとか、そんな神話が世界各地にあります。

 

また昔の日本だと電車の中でタバコを吸えるのは当たり前だったみたいですが、現在では電車の中に限らずホームでも禁煙が常識になっていますよね。

 

つまり、その当時においては支配的だった考えが、科学技術の発展や政治的革命などを経て新しい考えに移り変わったというのがパラダイムシフトです。

 

過去の歴史においても幾度となく様々な分野でパラダイムシフトが起きています。

 

スポンサーリンク

お金のパラダイムシフトとは

お金についても、パラダイムシフトを起こすことが可能です。

 

残念ながら現代の日本人の常識的な感覚では、お金を稼ぐには働く必要があるというのが一般化しています。

 

そう仕向けるように学校教育も行われていますし、親の働いている姿を子供は見習って子供が大人になったら働くのが当たり前だと刷り込まれています。

 

もし働かなくてお金が稼げるとしたら、それは宝くじに当たったとか、遠い親戚に富豪がいてその遺産が流れ込んできたとか、そんな天文学的な確率の夢物語だと思い込んでいるに違いありません。

 

あるいは何か悪いことをしてお金を得ているくらいしか思い浮かばないのではないかと思います。これが現在の日本人のお金に関する考え方です。

 

お金については、世界レベルどころか日本レベルでパラダイムシフトが起こるとは考えにくいです。

 

それほどの大きなパラダイムシフトが起こそうとすれば、小中高校で1つの教科として必修科目くらいにしないと変わらないと思います。

 

というか絶対に100年経っても教科に採用されるとは無いと思います。なぜなら全員がお金に対してパラダイムシフトが起きてしまうと、経済が崩壊してしまうからです。

 

どういうことかと言うと、これまで経済が発展してきた仕組みを考えてみると分かりやすいと思います。

 

ごく一部の天才が発明した革新的な発明を秀才が製品として量産化し、多くの凡人労働者に作ってもらい、それを多くの消費者に購入してもらうことで経済成長してましたので、経済主体から労働者がいなくなっては経済が成り立たなくなってしまいます。

 

労働せずともお金を稼ぐことができると多くの人が気づいたら、労働する人がいなくなり、経済は発展しなくなりますからね。

 

もしかしたらAIの技術が発展し、人間いに必要なモノはロボットが生産し、人間がそれを消費するというパラダイムシフトが起こり、経済循環の根本が変化してしまうかもしれませんが。

 

スポンサーリンク

自分自身の中でパラダイムシフトを起こす

日本中がお金に対するパラダイムシフトが起きることはないと思いますが、少なくても個人レベルにおいては、パラダイムシフトを起こすことは可能ですし、すでにパラダイムシフトを起こして、お金の心配のない「経済的自由」を達成している方もいらっしゃいます。

 

お金に対するパラダイムシフトが起きれば、以下に示すピラミッドの階級の意味が明確に理解できるようになります。

 

 

最下層がもっとも分布の多い労働者であり、その上に、経営者、投資家、資本家がいます。よりピラミッドの上位にいるという意味は、その下層によってもたらされた利益を、上位の階層が合法的に搾取できるという意味です。

 

労働者を雇うのは経営者ですので、労働者が働くことによってあげた利益は会社のお金にすることができます。つまり労働者から合法的にお金を搾取しているのです。

 

また経営者は会社の所有者ではありません。会社の所有者は、会社に資本を提供している株主であり資本家です。

 

経営者は株主から経営を委託されているという体になっています。

 

そのため会社があげた利益は、株主に配分される権利を持ちます。

 

いわゆる配当金というやつですが、会社のお金は会社の所有者である株主である投資家は会社から合法的にお金を搾取することができます。

 

同様に資産家はお金を下位の階層へお金を提供することで、そのお金を増やしてもらいその分け前をもらうことができますので、これも合法的に利益を搾取することができます。

 

労働以外にお金を手に入れるためには、このピラミッドの関係で世の中が成り立っていることを良く理解し、深く勉強し、そしてこの関係を利用することができれば、合法的にお金を手に入れることができるのです。

 

そうすれば労働者として働いている限りでは知り得なかった世界が見えてきます。そのような状態になったとき、あなたはお金に対するパラダイムシフトが起こったと言えることができます。

 

パラダイムシフトは世の中が変化することで考え方が変化する場合と、世の中は変わらなくても自分の中で変化させることができる場合があるのです。

 

お金に関して言えば、自らの力でパラダイムシフトを起こさない限り一生労働者のままです。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


お金のパラダイムシフトを起こしたい人はポチっとお願いいたします!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事