タダ株をゲットすると安心とお金も手に入れることができる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タダ株とは

タダ株とは、文字通りタダ=0円で株式を手に入れることです。

 

タダで株式を購入することなんてできるの?と思われるかもしれません。

 

はい、「最初から」そんな都合のよい話はありません。

 

しかし「最初から」というところがポイントで、結果的にタダで株式を購入することができたという、後付け理由をつけることは可能です。

 

つまり最初購入するときは0円で購入することはできないけれども、後々0円で株式を購入できた状態にすることは可能なのです。

 

その具体例を以下に示します。

 

1000円の株式を200株購入したとします。

 

このとき株式の取得にかかった金額は20万円です(手数料は考慮しないこととします。)。

 

その後その株式が値上がりして2000円になったときに100株を売却すれば、手元に20万円が手に入ります(手数料や税金は考慮しないこととします)。

 

つまり最初に投じたお金が全額戻ってきたことになります。

 

ですがまだ100株を保有していることになるので、この100株はタダで手に入れることができたということになります。

 

これがタダ株の正体です。

 

スポンサーリンク

タダ株をゲットすると安心とお金を手に入れることができる

タダ株をゲットしたということは、投資元本はすでに回収したということになります。

 

もしその後タダ株が大幅に値下がりしたらどうなるでしょうか?

 

たとえ大幅に値下がりをしても、もはや損切りという概念はありませんので、いつどのタイミングで売却してもプラスの利益を確定することができます。

 

もう値上がり値下がりに一喜一憂することはなく、極論言えば完全に放置していても損は絶対に発生しないことになります。

 

そう考えると精神的に安心してタダ株を持つことができると言えます。

 

しかも株式を持ち続けるとうことは、配当金や株主優待を受け取る恩恵も教授することができます。

 

定期的に配当金が積み上がっていけば、それは不労所得としての安定的収入をもたらすことになります。

 

株主優待を実施していれば、金券、割引券などを実施している企業もありますので、生活費のミニマム化にも貢献してくれます。

 

このようにいつ売却してもプラスの利益が確定するし、所有している間は配当金や株主優待が期待できるのですから、こんなに特典満載なタダ株はとても魅力的ですし、是非ゲットしておきたいと思うのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

タダ株をゲットするためにマイルールを作ろう

タダ株は是非ゲットしておきたいところですが、そうは言ってもそれなりに株価が上がったときに所有する株式を売却する必要があります。

 

株価がいくら上がるかは購入した株価が基準となります。

 

先ほどの例で言えば、1000円で200株購入した人は2000円で100株売却すればタダ株ゲットですが、もし2000円で200株購入した人は4000円で100株売却することでタダ株がゲットできます。

 

自分がその株式を購入したときの株価が基準となり、そこからどれだけ値上がりし、どのタイミングで売却するかがすべてなのです。

 

株式を購入するタイミングというものは難しいですが、売却するタイミングはもっと難しいです。

 

買ったときからどんどん値上がりを続けていれば、まだ上がるまだ上がると思い込んでしまい、今ここで利益を確定してしまえばその値上がり益は確実に確保できますが、一方でそこで利益を確定してしまうと、それ以降の値上がり益については教授することはできません。

 

人間というのは欲深い生き物ですので、値上がりを続けているうちはなかなか株式を売却して利益を確定させるのが難しいものなのです。

 

そしていつのまにか今度は株価が下落していき、もう少し待てば上がるもう少し待てば上がるという心理が働き、ついには利益を確定するタイミングを失ってしまい、株価も元に戻ってしまい結局利益を得られることができなかったということになります。

 

株式投資とはそんなものです。

 

確実に利益を積み上げてタダ株もゲットするためには、あるいは損失を最小限に押さえるためには自分の中でマイルールを決めておくのが良いと思います。

 

たとえば株価が2倍になったら所有している株式の半分を売却するとか、反対に2割下がったら所有している株式の半分を損切りするとかです。

 

相場格言で「頭と尻尾はくれてやれ」という有名な言葉の通り、利益が出ているときはあまり欲を出しすぎず、ほどほどで利益確定しておく位がちょうど良いのかもしれません。

 

あるいは損を出しているときは意地にならず潔く手を引くことも大切です。

 

 

投資で自由を獲得しよう!

 

 


タダ株をゲットしたい人はポチっとお願いします!

↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事